オーディオ・エクスペリエンスで本番をさらに楽しく!

音声で迫ってくるバーチャルキャッチャーカーと自分をプッシュしてくれる歓声が楽しめるWings for Life World Runアプリの音声機能「オーディオ・エクスペリエンス」は、すでにアプリランナーの皆さんから好評を得ています。ですが、今年は没入感がさらに高められ、自分のスタイルに合わせてカスタマイズもできるようになりました。レース当日を最高の雰囲気で楽しめるはずです。

では、今年のオーディオ・エクスペリエンスの特徴をご紹介しましょう。

2つの楽しみ方

レース当日のオーディオ・エクスペリエンスでは、自分が聴きたい音声モードを選ぶことができます。

【ベーシック】では、レースに役立つ情報・通知を聴くことができます:

  • レーススタート前のプロ指導のウォームアップ・エクササイズ
  • 一定距離通過ごとの音声通知
  • バーチャルキャッチャーカー接近時の音声通知
  • レース終了時の祝福メッセージ

【エンターテインメント】では、【ベーシック】の情報・通知に加え、以下のコンテンツを楽しむことができます。

  • コリン・ジャクソン(Wings for Life World Runインターナショナルスポーツディレクター / 元英国代表ハードル選手)による本部からの最新ニュース&メッセージ、VIPインタビュー、参加者数、総合順位などを含むグローバルレース情報
  • 一定距離通過ごとの応援メッセージ
  • 設定した目標ペースとの比較(アプリで設定してある場合)および目標達成時の音声通知
  • 5kmごとに届くパーソナルストーリー

また、参加者のファンや家族、友人は、ウェブサイトの参加者のプロフィールページ経由で音声ショートメッセージを送ることができます。チームに参加している場合は、チームキャプテンから応援メッセージが届くかもしれません。

Wings for Life World Runアプリでは、ベーシックとエンターテインメントの両方が楽しめるように初期設定されています。お好みでエンターテインメントをオフにしてベーシックだけを聴くことができます。

2022年の音声担当

参加者に音声で迫ってくるバーチャルキャッチャーカーがアプリランの醍醐味と感じている方は、今年も楽しみにしてください。今年の日本語版は、FMヨコハマ毎週土曜夕方の生ワイド番組「Route 847」内のランニングコーナー「JOG STATION」に出演されている福島和可菜さんと柴田聡さんがそれぞれホストとバーチャルキャッチャーカーの音声を担当します。また、パーソナルストーリーは渋谷真子さん(動画クリエイター)と松峰貴幸さん(現代アート作家)が担当し、ウォームアップ・エクササイズは上田瑠偉さん(レッドブル・アスリート / トレイルランナー)が担当する予定です。

ちなみに、米国版では俳優キャサリン・オハラさん(映画『ホーム・アローン』シリーズなど)と俳優ジョエル・マクヘイルさん(コメディ『コミ・カレ!』など)が担当するなど、他の言語版も素晴らしいラインアップが用意されています!

音楽とウォームアップ

話だけではありません。音楽でモチベーションを高めている人は、アプリ内のリンクからWings For Life World Run専用プレイリストを楽しむことができます。また、オーディオ・エクスペリエンスは、音楽再生中でも重要な情報を随時カットインしてお届けします。

Spotify APPLEミュージック

アプリランをどこからスタートさせても、オーディオ・エクスペリエンスを使用すれば、脊髄損傷の治療法発見のために世界同時にスタートして走るグローバルコミュニティに自分が参加していることが感じられるはずです。

5月8日のレース当日は、日本時間1945にオーディオ・エクスペリエンスをオンにして、ウェルカムメッセージやウォームアップ・エクササイズ、音楽などが楽しめる特別番組を聴いてから、日本時間20時00分に走り出しましょう!

オーディオ・エクスペリエンスはレースにリアルタイムで参加する方のみご利用いただけます。アプリランに参加してレース当日を満喫しましょう!